-kamo.comsumimoto
トップページ お手軽郷土料理 郷土料理のコース 鴨料理
琵琶湖のうなぎ料理 ふなずし ご宴会プラン お酒
こだわり 女将のおしゃべり お店の地図 観光案内
「年末年始営業のお知らせ」
 12月29日  お休みです
    30日・31日 11時半〜20時頃まで営業させていただきます。
  1月 1日〜5日まで、11時半から休まず営業させていただきますが、
  閉店の時間は決まっておりません。ご了承下さい。
  鴨料理のご予約は承っております。     H.20.12.24
「紅葉」
 大将が」、白洲正子さんのファンで著書に出てくる『教林坊』へ紅葉を見に出かけました。荒れていたお寺を、今のお若い住職様が、ご苦労されて手直しされたとか・・・・紅葉が素晴らしかった事は言うまでもありませんが、ヨシ葺きの建物・小堀遠州考案の水琴窟もよかったです。長浜から車で1時間。お勧めのスポットです。(滋賀県蒲生郡安土町石寺1145)H.20.12.2
「テレビの取材」
 ”おはよう朝日です”と言う朝の番組で、長浜の紹介をして下さるそうです。お店も数件紹介されます。その中で当店は鴨料理が美味しいお店として登場します。12月2日火曜日、朝7時半頃放送予定です。ご覧になって下さい。H.20.11.29
「これがほんとのなすで心文字」
 ”なすで心文字”住茂登のトレードマークです。よくお客様に、何でなすなの?と、聞かれますが、第一の理由は、大将がパープルバイオレットの色が好きなんです。第二に、なすを食するのも好きです。第三の理由は、一富士二鷹三なすび と、縁起がいいです。そして何より『おもてなしの心』を忘れないようにと、私の知人に十数年前に、なすで心文字をデザインしていただきました。暖簾もなすの心文字でお迎えしております。住茂登の農園で、母が作ったなすで・・・・これがほんとの”なすで心文字”です・・・・・H.20.10.16
「楽市楽座」
 毎年10月恒例の行事、アートイン長浜「楽市楽座」が、今日開催されました。全国から芸術家の方が集まられて、商店街一帯に約230ブース位市がたちました。木工・陶芸・絵・書・アクセサリー等、色んな作品があり楽しいですよ。明日も開催(4時まで)されますのでお越し下さい。H.20.10.2
「癒し」
 米川に7羽のかるがものファミリーが住み着いています。当店の隣の米川にもよく遊びに来てくれます。そっと見ていると、餌を食べたり、泳ぐ競争をしたり、お昼寝をしたり、時にはけんかをしたりもします。とってもかわいくて、見ていてもあきないですよ。  H.20.8.12
  暑中お見舞い申し上げます

「大通寺のお庭」 
 今まで公開されていなかった大通寺のお庭が、きれいになってお目見えしました。無料でどなたでも入れます。木陰がけっこうありますので、この炎天下の中でも”涼”を感じる事が出来ました。天高くそびえ立つ1本の木が印象的でした。H.20.7.26
「おすすめランチ」大好評
 ”色々な郷土料理をお手軽なお値段で食べたい”と言うお客様の声にお答えして、「おすすめランチ」始めました。
・鮎の塩焼き・近江牛・うなぎ・少しののっぺいうどん・ご飯・香の物・蒸し物(又は小鉢)。お値段は2100円です。
アツアツを召し上がって下さい。

 以前から大将がメニューに加えたいと言っていた
「冷たいカレーうどん」登場しました。ピリ辛で美味しさと意外性に乞うご期待下さい!!H.20.7.3
「1年で一番大事な住茂登の行事」
 と言えば、鮒ずし漬けです。
今年も6月16日・17日の2日間で滞りなく漬け終わりました。今年も美味しい鮒ずしが出来ますように・・・・・H.20.6.19
「夢灯りの祭典」
 長浜御坊表参道で、7月5・6日の両日
「夢灯りの祭典」があります。7月5日は大道芸や紙芝居があり、夜には表参道一帯が、灯りで幻想的な雰囲気になります。この灯りは陶器製で、滋賀県立長浜養護学校高等部の生徒さんの作品です。6日にはハーモニカ演奏や津軽三味線のコンサート等があります。灯りは5・6日両日とも灯されます。是非見に来て下さい。H.20.6.8

写真は昨年のです。
今年はさらにバージョンアップされるそうです。
(写りが悪くてごめんなさい)
「珍しい植物」
 1週間程前に、大将が”浦島草”と言う植物の鉢植えを買ってきました。お花から上の方に伸びている1本のひげを、浦島太郎の釣り糸にみたてて”浦島草”と言う名がついたそうです。数年前にこれに似た”猫のひげ”と言う植物を育てた事があります。数本のひげがあり猫の顔に似ていてとてもインパクトのあるお花でした。ちなみに、左の写真に写っているのは、浦島草と『亀』です。H.20.5.2
「桜の開花情報3」
 本日満開です。先週はとても暖かくお天気も良かったので、あれよあれよと言う間に開花から1週間で満開を迎えてしまいました。桜の花をいっぱいにつけた枝が重たそうに揺れています。  H.20.4..7
「桜の開花情報2」
 昨日姫路城へお花見に行って来ました。満開でとても素晴らしい眺めでした。さすが世界遺産です!姫路へ行ってる間にこちらの桜は3分咲きになっていました。
           H.20.4.4
「桜の開花情報1」
 3月31日開花です。昨年より早くなるかと思っていましたが1日遅れでした。現在開いたお花がチラホラあります。一分咲きぐらいでしょうか・・・お店の2階の窓から手が届く所にある桜です。10日頃が見頃だと思います。今年も曳山祭りまで桜が楽しめそうで嬉しいです。     H.20.4.2
「お花見」
今年の冬はよく雪が降り積もりました。ついこの間まで雪がありましたのに、春がとても急ぎ足でやって来ました。桜の季節も、もう間近です。お二階のお部屋でお花見はいかがでしょうか。夜はライトアップさせていただきます。私の予想では、4/1〜4/13頃がお花見時かなと思います。(はずれたらごめんなさい)曳山祭り(4/14〜4/16)まで桜が咲いていると嬉しいですね・・・・お花見のご予約お待ちしております。  H.20.3.19
昨年の写真です
「盆梅展」
 昨日の夕方お店をぬけて慶雲館まで梅を見に行って来ました。会場に入ると、梅のいい香りが漂っています。咲いている見頃の鉢と、蕾の鉢とが半々位に展示されています。樹齢約400年(じゃないかなと思われる)見事な老木と写真を撮ってきました。
厳しい自然の中で数百年も生き続けるなんて、ほんとにすごい!と同時に、お世話をされておられる方達のご苦労を改めて痛感致しました。
2階でお抹茶を頂いて、慶雲館を後にしました。
               H.20.2.5     
明けましておめでとうございます。
 元旦の長浜は、朝から雪がぱらつきうっすら雪化粧、少し積もってきました。お正月の雪は久々です。
 新装オープンから1年、たくさんのお客様に支えていただいて、頑張る事が出来ました。ありがとうございます。
 本年もよろしくお願い申し上げます。
                         H.20.1.1
「お米の神様
 昔からお米は精霊や魂の宿るものとして信仰の対象になってきました。
大将に教えてもらった事ですが、お米には5つの神様がいらっしゃって、
    種の時は『文珠菩薩』
    苗の時は『地蔵菩薩』
    稲の時は『虚空蔵菩薩』
    穂の時は『普賢菩薩』
    飯乃時は『観世音菩薩』
 これをまとめて、”毘沙門天”と言うそうです。
 無知な私は初めて知りました・・・・・               H.19.12.25
「幻の鰉もろこ」
    ひがい
 天然の鰉もろこが獲れました。絶滅種と言われている幻のもろこです。本もろこより大きく11cm〜14cm位あります。明治天皇がご賞味された事からこの漢字が使われるようなったそうです。今晩あたりから大将、鰉もろこを付き出しにちびりちびりと飲むんじゃないでしょうか。大将の胃袋に入って無くならない内にお越し下さいね。  H19.11.10
「鮒ずし初物」
 
 昨年漬けた鮒ずしが底をついてしまいました。今年の鮒ずし漬かってるかな・・・?大将がこの桶は漬かってると思うと、1段目を上げました。毎年の事乍、初めて上げる時はあんじょう出来ているか心配です。特に今年は桶を置く場所が変りましたので、心配も大きかったです。緊張の一瞬です。出来栄えは上々、昨年よりもいいです。お味の方は、1段目でこんなに美味しかったら桶の真ん中が楽しみです。私思わず大将に言いました”天才”・・・・H.19.11.7
「ステンドグラス」
 お店の玄関にステンドグラスまがいの ガラスがありました。イミテーションが嫌いな大将ですので、本物のステンドグラスをと言う思いが強く、4月に(株)黒壁さんにお願いしました。長浜らしさをだすには、やはり伝統ある曳山祭りの子供歌舞伎です。それで思い入れの強い、息子が演じた女形をモチーフに造って頂く事にしました。そして、本日取り付けが完了しました。思っていた以上の出来栄えに、とても感動しております。これから毎日、仕事の合間に眺められると思うと、心が和みそうで嬉しいです。この素晴らしいステンドグラスを是非見に来て下さいね。製作して下さった佐々木さん、ありがとうございます。 H.19.10.1
「楽市楽座」                   
 中秋の名月も過ぎ、少しずつ秋の気配を感じるようになりました。
秋と言えば”新米”・・・契約農家の中川さんから、9月20日に新米が届きました。
地元産近江米のこしひかりです。おいしいです・・・住茂登でも、もちろん新米を
使っていますよ。
 秋の長浜の行事と言えば『楽市楽座』です。今年は10月6日・7日です。
全国から芸術家の方達が集まって、商店街一帯で市が開かれます。
約250ブース位あると思います。そこで、ご自分の作品を販売されます。
陶芸・木工・絵・書・アクセサリー等等・・・・色々な作品がたくさんあります。
とても素晴らしい催し物です。貴方も素敵な作品を見つけに来て下さい・・・     
                              H.19.9.29
「琵琶湖の天然うなぎ」
 6月中旬頃から獲れ始め、順調に獲れています。右の写真は、長さ62cm幅15cmの、大きなうなぎです。
             H.19.8.3
「鮒ずし」                      5月30日、31日に鮒ずしを漬けました。 
今年は嬉しい事に、長男が手伝ってくれました。体力のいる仕事です。大将もちょっぴり年をとりましたし(私もですが・・)とても頼もしい助っ人です。住茂登の鮒ずしを
伝承する嬉しい瞬間でした。 H.19.6.5
「蛍の見えるお店です」                                    
 ほたるが見られる季節になりました。お店の隣の米川でも、今シーズン始めての 
ほたるを、昨晩見ることができました。数は少ないですが、毎年感動します。     
2分程歩くと、たくさんの蛍を見られるところもありますよ。                 
今日来て下さったお客様で、”籠にはいっている蛍しか見たことがない”と言う方が 
いらして、飛んでいる蛍をごらんになり、とても感動していらっしゃいました。     
暫くは、毎晩楽しみです・・・・                 H.19.6.2
     
「琵琶湖の天然うなぎ」                              
 
琵琶湖の天然うなぎを待ちわびているのですが今シーズンはまだ1匹も獲れて  
いません。例年ですと、5月頃には大きなうなぎが釣れるのですが・・・・         
今年の冬は暖冬で、ほとんど雪が降りませんでしたので、雪解け水がありません。  
異常気象が、琵琶湖の生態系をも変えてしまっているのではないでしょうか。     
湖底の泥が雑ぜくりかえらないと獲れないと、大将が言ってます。            
早く顔が見たいですね。        H.19.5.24
「牡丹寺」                          
長浜で牡丹寺と言うと、『総持寺』が有名です。 住茂登から、車で5分程の所です。今日行って来ましたが、まだ咲いている牡丹は少なかったです  
5月の連休が見ごろだと思いますよ。所でこの総持寺には”松梅の木”と言う珍しい木があるのをご存知ですか。何でも、弘法大師が食べられた梅干
が生え、そこに松の木が宿ったと・・梅の木の中か
ら松の木が生えているので、”松梅の木”即ち{商売の木}と言うそうです。商売繁盛にごりやくがあるかも・・              H.19.4.26
「長浜曳山祭り」                           

 ”よいさー・よいさー”の声と共に『裸参り』が始まりました。  
役者の健康と祭りの無事等を、八幡神社に祈願する行事です。
9日から12日まで4日間毎晩行われます。 4月の14日・15日
には、曳山全12基が八幡神社に並びます。90年ぶりだそうで
す!!!どうか雨が降りませんように・・・・・・・H.19.4.11
「桜の開花情報」                                      満開です。この写真は、住茂登の2階の窓から写しました。心が和む眺めです。夜はライトアップしてます。この週末のお祭りまでもちそうです。 H19.4.11
「桜の開花情報」

 先月の30日頃から咲き始めました。今、4分咲き位です。
 今週の土曜、日曜が、見ごろだと思います。         
 今日は雪が降りました。とっても寒いです。桜もびっくり
 している事でしょう。           H.19.4.4
「楽しみ・・・・」

 大将も私もお客様も、とても楽しみにしている事があります。
それは、『お花見』です。お店の窓のすぐそこに、手の届くところに1本の桜の木があり
ます。川の向こうから住茂登に向かって伸びています。”久保田さん宅”の桜の木です。
今までは橋の上から見ていましたが、今年からは、お店の中から、それも特等席で
お花見ができるんです。想像しただけでわくわくしてきます。   H.19.3.5
「住茂登の新しい顔」
 
 新店舗に移ってから、住茂登で一番大きな存在感のある
のが、江州箪笥(又は、長浜箪笥)です。祖母が使っていた
水屋です。祖母の時代には、食事のときに使う各自の食器
を、それぞれのお膳毎、水屋にしまい使っていたそうです。
倉庫に眠っていたこの水屋を、4ヶ月かけて”タケダ”さんが
蘇らせて下さいました。こんなに美しくなるなんて、ほんとに
びっくりです!!!食器容れとして、とても気持ちよく使って
います。          H.19.1.30
「新装オープンしました」

 あわただしく引越しを終え、12月1日何とかオープンする
事が出来ました。気がつけば、もう11日ですね。
最初は、必要な物が何処にあるかもわからない状態で、捜
しまわっていて作業が遅れる事も多々ありました。物の配置
が随分変ったので、頭の中で考えてからでないと体が動き
ません。今でもそうです。
これからも頑張りますので、よろしくお願いします。
新しくなった”住茂登”を見に来てくださいね。
                       H18.12.11
女将のおしゃべり no1
長浜市大宮町10-1
御坊表参道通り 
TEL・FAX 0749(65)2588

トップページ お手軽郷土料理 郷土料理のコース 鴨料理
琵琶湖のうなぎ料理 ふなずし ご宴会プラン お酒
こだわり 女将のおしゃべり お店の地図 観光案内
鮒ずしケーキ